松阪の逸品

すき焼きの作り方

松阪のすき焼きは、その作り方や召し上がり方にも違いがあります。 松阪路で味わうすき焼きは、牛肉本来の味をお楽しみいただくために、まず肉だけを味付けしてお召し上がりいただくのが、一般的です。




①炭火の上にお鍋を置き、熱くならないうちに脂をひきます。
熱の伝わり方がすき焼きに適した鉄鍋が最適です。


②牛肉を1枚ずつ大きく広げて、砂糖とたまり醤油とほんの少しの昆布出汁で、味付けをします。
(お店によっては、割り下を使用するところもあります。)


③牛肉が焼けましたら、お好みで取り皿に入れた溶き卵にからめてお召し上がり頂きます。


④松阪牛の旨味の残る鍋に、玉葱・人参・三つ葉・椎茸などお好みの野菜を並べ、砂糖とたまり醤油と少量の昆布出汁を加えて味付けをします。
焼けた野菜からお召し上がり頂きます。


2枚目のお肉を1枚ずつ、入れ同じように焼きます。
また野菜を入れ交互にお召し上がり頂きます。松阪牛の旨味と野菜の甘味をどちらも味わっていただけます。
松阪牛のお味を伝統のすき焼きでお召し上がり頂ければと思います。

お店によってすき焼きの作り方が異なります。 それぞれの異なる味わいを探訪するのも、 松阪を旅する醍醐味のひとつです。